意味がわかるとクスッと笑える話 地元の有名な心霊トンネル

意味がわかるとクスッと笑える話 地元の有名な心霊トンネル

あれは、わたしが18歳のころのことです。

地元では、かなり名の知れた心霊スポットへ遊び半分な気持ちで行きました。

このころの私は、同じ歳の男子と付き合っていて、他のカップル達ともグループ交際のように仲良くしていました。

心霊スポットにも、3組のカップル計6人で向かいます。

場所は、山を奥へと進んだ先にある古いトンネル。

トンネルの前まで来ると、車を停車させ私たちは徒歩でトンネルの中へ。

シーンと静まり返るトンネル内・・・・わたしは想像以上の恐怖から、彼の腕にしがみついてギュッと目を閉じます。怖がっているのは、私だけではないようで、他の1組のカップル(仮にAとB)もこんな会話をしていました。

A「やだーー・・・・ねーBー、怖いよー・・・」

B「安心しろよ、何かあったときは俺が守ってやるからよ。」

A「うん、私・・・Bがいれば、なにも怖くない!」

発言だけ聞けば、バカップルです。

そんな感じで二人のイチャイチャは続き

A「ねえ、Bがキスしてくれたら恐くなくなるかもしれない。。。」

B「もーしょうがねーなー。」

そして、BがAにキスをしようした瞬間のことだった・・・・

「ウエエェェェーーー!!」

人が嘔吐いた(えずいた)ときのような声が聞こえてきました・・・・

その場にいた者たちは静まり返ります。

すると、今度は私の真後ろから

「チッ!」

という誰かが舌打ちをしたかのような音まで聞こえてきたのです。

もう、わたしたちはパニック状態。

一目散に、車を停めてある位置まで逃げて行き、車に乗り込むとすぐに発進させました。

何とか逃げ帰りましたが、生まれて初めての恐怖体験に震えるばかりでした。

その後、何かが憑いていたら嫌なので、霊感の強い友人にあのトンネルについて話を聞くことにしました。

すると、

「ああ、あの場所は危険過ぎる・・・・特にね、女性が行くととんでもない目に合うことから『雌(メス)殺しトンネル』という異名まであるくらいなんだ・・・・」

と言っていました。

幸いわたしたちは、みんな男だったので何事もなく帰ってくることができましたが、もしもわたしが女だったらと思うと、恐怖でトリハダが止まりません・・・・

解説
もはや、解説不要であろう。
その場に行った3組計6人のカップルは、皆男性だったのだ・・・・