意味がわかると怖い話 悪魔との賢い契約

意味がわかると怖い話 悪魔との賢い契約

とあるところに、恐ろしいくらいに博識な若者がいた。

ある人が、その若者に話しかける。

「悪魔を呼び出すとさ、どんな願い事も3つ叶えてくれるって話があるけど知ってるか?」

「ああ、知ってるよ。」

「もしもさ、アンタが悪魔を呼び出したとしたらさ、3つの願いを何にする?」

「そうだなー。まず1つ目はな。{俺が健康なうちに、残りの2つの願い叶えてくれ}にするな。」

「ほうほう。そうか、じゃあ2つ目の願いは?」

「2つ目の願いはな、{俺が、若いうちにラスト3つ目の願いを叶えてくれ}にするな。」

「なんだそれ?2つの願いも無駄遣いして、もったいない気がするけどな。3つ目の最後の願いは何にするの?」

「そこなんだよ。実はさ、3つ目の願いがなかなか決まらなくてさ。」

次の瞬間。

辺りには、どこからともなく地響きのような低く恐ろしい声がこだました。

「「「さあ、そろそろ3つ目の願いを言うのだ・・・・・お前は、何百年待たせたら願いが決まるのだ・・・・?」」」

解説
この若者は数百年前に悪魔との契約をしているのだろう。
だから、若くして恐ろしいくらいに博識なのだ。
1つ目と2つ目の願いが、直接的な願いではない。
そして、3つ目の願いを保留にしている。
こうすれば、ずっと若くて健康なままでいられる。
おそらく、この若者は不老不死になりたかったのだろうと予想できる。
ではなぜ、最初から不老不死を願わないのか?
個人的な予想だが、おそらく悪魔との契約にはかなりのリスクがあるのではなかろうか・・・?
契約が成立すれば、若者の大切な何かが奪われてしまうのではなかろうか?
でも、それは契約が成立すればの話。
まだ契約の途中なら、相手側の言い分を飲まなくて良い事になるのではないだろうか?
あくまでも予想だが、これならばノーリスクで不老不死の夢が叶えられる。
非常に賢い若者だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする