意味が分かると怖い話 母親が医師を殺め自害した理由

意味が分かると怖い話 母親が医師を殺め自害した理由

その母親は、5歳の我が子を事故で亡くした。

娘を亡くしたショックと悲しみで、母親は毎日泣いていた。

1年が過ぎたころからだろうか、悲しみは薄れてきたのか、やっと少しずつだが平静を取りつつあった。

支えてくれた夫。

そして、なにより、亡くなった娘の3歳年下の次女を育てなければならないという気持ちが大きかったのかもしれない。

次女が5歳になったときだった。

5歳の誕生日を境に、次女は大泣きした。

泣いている理由は全く分からないが、その泣き方は尋常でなかった。

心配になった母親は、次女を病院へと連れて行く。

担当の医師は、泣いている次女と二人で話した後、話した内容をそのまま母親に伝えた。

「娘さんは、{地獄に落ちた}と泣いています。意味が分からないのですが、何か心当たりはありますか?」

それを聞いた母親は、その部屋の窓から医師を突き落とし、殺めてしまう。

そのまま、自身も身を投げて自害した。

解説
次女が泣きながら訴える「地獄に落ちた」というのは、おそらく亡くなった長女のことだろう。
なぜ、長女が地獄に落ちたのか分からない。
でも、次女の言葉を信じた母は、長女のもとに行くために、医者を殺して、自らも自殺したのではなかろうか?
長女を地獄で守りたい母親の愛なのかもしれないが、平然と目の前の医師を殺してしまうその精神、非常に怖いと感じてしまう・・・・