意味がわかると怖い話 定食屋の女

意味がわかると怖い話 定食屋の女

俺が、いつものように定食屋で昼食をとっていた。

すると、店に1人の若い女が入って来た。

女は、席につくと少し所在なさげに周りをきょろきょろと見回している。

この店に来るのは初めてなのかもしれない。

「メニューです」

店員が壁のメニューを指さしている。

「あ、じゃあ、日替わり定食でお願いします。」

女は、俺と同じメニューを頼んでいた。

俺は食事が終わると、普段と同じくスポーツ新聞を読み始める。

しばらくすると、さっきの女は定食を食べ終わったらしく、横に置いてあった自分のカバンを持ち立ち上がる。

そして、

「ごちそう様ー」

と、言いうと入口の引き戸を開けた。

「ありがとうございましたー、またお待ちしています!」

店員が元気に挨拶している。

女は、後ろ手に戸を閉めると、店を後にしていった。

俺以外、誰も気が付いている人はいなかった・・・・

解説
女が入店し、店を後にするまでの描写を「俺」視点でかなり細かく書かれている。
でも、おかしなこともあるのだ。
あなたは、お気づきいただけただろうか?
こんなに細かく女の行動が書かれているのに、お金を払うシーンがない。
つまり、女は食い逃げに成功したというわけだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする