意味がわかると怖い話 不治の病の少女

意味がわかると怖い話 不治の病の少女

その病室には、1人の少女が入院していた。

少女は、生まれながらに病気を抱えていて、それは治らない病だった。

不治の病だったために少女は、病室でばかり人生を過ごしてきた。

あるとき。

少女の前に、一人のお星さまが現れた。

お星さまは少女に語りかけた。

「あなたの願いを、叶えて差し上げます。」

少女は喜んでこう答えた。

「早く楽になって、病気を治して、友達をたくさんつくって、いっぱい遊びたい!」

「承知いたしました。あなたのその願い、叶えて差し上げます。」

・・・・10日後。

少女の治らないはずの不治の病が、治っていた。

病室から出た少女は、念願だった友達をたくさんつくることができた。

ただ、少女は不思議に感じていたのだ。

「私の友達が、すでに死んだ人達ばかりなのは、なぜなんだろう・・・?」

解説
少女の願い。
「早く楽になって」
おそらく、最も早く楽になる方法は、天国に行くことだったのだろう。
お星様は、少女の願いを叶えるために、あの世へと旅立たせたのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする