意味がわかると面白い話 ちょっと卑猥な表現の数々

意味がわかると面白い話 ちょっと卑猥な表現の数々

私たちは、長い間見つめ合っていた。

まだ、お互いにまったく触れていないのに、あの人はしっと汗をかいている。

あの人の、吸い込まれてしまうかのような青い目。

この目に見つめられてしまうと、今の自分がほとんど全裸に近い状態なことがとても無防備に思えてしまう。

この人の故郷。

ヨーロッパの小さな国では、男の人って皆こんなに逞しいのだろうか?

いろんな思いを頭の中にめぐらせていると、突然彼がこっちに手を伸ばしてきた。

気がついたときには、私は彼のガッシリとした腕の中に抱きすくめられていたのだった。

彼ったら、私の耳元で激しくあえいでいる。

そして、ことを急ぐかのように私の体を覆っているたった一枚残された布切れにまで、手を伸ばしてくる。

ダメ。

このままでは、いつもと同じになってしまう。

彼に主導権を握られるのはダメ。

私は必死で抵抗を試みる。

だけど、もう手遅れみたいだった。

彼ったら、腰を打ち付けるような姿勢で、私のことを土俵の外に押し出した。

解説
一見、エロい表現ばかり。
外国人の彼とのメイクラブを想像してしまうが、ただ単に相撲を取っている二人を、卑猥な行為を連想させながら表現しているだけである^^;