意味がわかると怖い話 潔癖症の姉

意味がわかると怖い話 潔癖症の姉

うちの姉は、筋金入りの潔癖症。

部屋を、常に清潔にしてないとダメなのだ。

私は、わりとズボラな方で、部屋が散らかっていても、気にはならない。

だから、二人で同じ部屋を共有している私たちは、ギクシャクしてしまっていた。

ある日のこと。

耐えきれなくなったのか、姉がキレてしまった。

「もう、いい加減にしてっ!来る日も来る日も部屋を、こんなに散らかしてっ!片付ける人の身にもなってよ!わざと部屋を散らかして、片付ける私をに嫌がらせしてるのっ?もう、あんたみたいな薄汚れた人間、うんざりだからっ!」

怒鳴り散らして出て行ってしまった姉。

とんでもない剣幕だったから言い返せず。

だけど、私も少しは反省した。

よし、これからはちょっとずつでも整理整頓できる女を目指そう!と。

まずは、この散らかっている部屋を掃除することにした。

30分後・・・

部屋は見違えた。

ゴミ1つない部屋になった。

我ながらよく頑張ったと、感嘆の溜息を漏らす。

やれば出来るのだ。

なんとなく、自信もついてきた。

ちょうどそこへ姉が帰ってきた。

どうやら、外にゴミ袋を買いに行っていたようだった。

姉はずいぶんとと大きいごみ袋を買ってきていた。

「お姉ちゃん、ほら見て。あたし、頑張って部屋をキレイにしたよ!だから、もうそれ必要ないし。あたしだって、やればできるんだから!」

と、報告する。

姉はというと、

「そうね・・・」

と返事をしながら、ごみ袋を1つだけ取り出していた。

解説
姉が取り出していた、ずいぶんと大きいごみ袋1つ。
この意味はいったい何なのだろう。
まず、怒った姉が口にしていた「あんたみたいな薄汚れた人間」という言葉をそのままの意味で解釈すると、姉は妹のことを「ゴミ」として認識してしまったのではないだろうか。
そうなると、部屋を綺麗に保つために、妹は捨てられてしまうことになる。