短い怖い話 2つの意味で怖い変態

短い怪談 2つの意味で怖い変態

この前。

下半身を完全に露出している変態に追いかけられた。

ははははははーー

と、笑いながら追いかけてくる変態。

すごく不気味な笑顔だった。

ずっと追いかけてくるのが本当に怖かった・・・・

でも、だんだん腹が立ってくる自分がいた。

「なんで、私を狙うの?」

と。

その怒りを糧に、戦ってみることにした。

振り返り、相手を突き飛ばすように変態へと向かって突進する。

突き飛ばしたはずなのに、変態の体は何も存在しないかのようにスーッとすり抜けてしまった。

変態は、

ははははははーー

と笑い続け、そのまま走り壁に吸い込まれるように消えてしまった・・・・

追われていると思っていたけど、そうではなかったみたい。