意味がわかると怖い話 駅のホームで睡魔に襲われた

意味がわかると怖い話 駅のホームで睡魔に襲われた

最近、残業が続いていて寝不足だった。

ある日のこと、気が付いてみると駅のホームで、知らないうちに寝転がってしまっていた。

周りの人たちは、迷惑そうに俺を見下ろしている。

中には、悲鳴に近い文句を言ってくる人もいた。

その状況でも俺は、猛烈な睡魔で起きることができずに眠ってしまった。

中でも一番失礼な態度をとっていたのは、駅員だった。

面倒そうに声を荒げると集まっていた野次馬を追い払い、次に俺の顔を叩くとこう言った。

「おい!生きてるか?何か声出せ。名前は?」

その態度に腹が立った俺は、目を瞑り寝たふりをして、無視した。

すると、この駅員は俺の髪の毛を掴むと無理矢理引ぱった。

俺はすぐに、

「痛えな!髪の毛、引っ張るなよ!」

言ったのだが。

駅員は、俺の言葉を無視して、俺の頭をバケツのようなものに突っ込んだ。

バケツの中には、なにか硬いものが入っていたらしく、目の上がちょっと切れちまった。

さすがに、そんなことされたらキレる。

文句を言う前に、何で目の上を切ったのか見てみると、それはいつもしていた俺の腕時計だった。

解説
おそらく、この「俺」は、日頃の疲労と眠気から駅のホームから落ちてしまい、電車に轢かれてしまったのではなかろうか。
バケツに入れられたということは、少なくとも頭部と腕は切断されてしまっているのだろう。
人の首は、切断されても少しの時間は意識があるというが・・・・
人身事故には気を付けたいものだ・・・・