意味がわかると怖い話 電車に身を投げた親子

意味がわかると怖い話 電車に身を投げた親子

その日も、残業だった。

披露した身体を引きずるようにして、帰路を急ぐ。

俺は、地下鉄のホームにあるベンチに倒れこむようにして座った。

ホームには、次が最終であることの案内放送が流れている。

周りには人はいなく、ホームには俺一人だった。

連休の深夜に働いてる奴は俺くらいなものだと、自嘲気味に笑ってしまう。

と、そのときだった。

ホームのエスカレーターを、幼い子供がかけ下りてきた。

後ろからは、子供の母親らしき人も下りてくる。

「○○ちゃん、母さんと手を繋ぎなさい。」

子どもは見たところ、3歳くらいだろうか。

まだ、あまり多くない髪を頭のてっぺんでリボンで結っている。

俺のちょうど目の前あたりで、母親と子供は手を繋いでいた。

ホームの到着案内板が点滅している。

電車が近づいてくる音が聞こえてきたので、俺も立ち上がろうかとしたのだが・・・

そのとき、すぐそばにいた母親が子どもの手を引っ張るようにしてホームから見えなくなった。

一瞬のことだったため、何が起こったのか理解できずに、俺はホームを見回した。

非常停止ボタンはどこだ?

くそ、間に合わないか・・・・

俺は飛び降りる覚悟を決める。

あの親子を救うには、それしかない。

「おい、なにしてる!?」

背後から声が聞こえた。

振り向くと、駅員がいる。

「今、親子がホームから飛び降りたんですっ!」

焦って伝えたが遅かった。

電車が入って来てしまったのだ。

間に合わなかった。。。。 

涙が溢れてきた。

身体がブルブルと震えてきた。

俺のことを黙って見つめていた駅員が口を開いた。

「私もね。。。最初は、ビックリしましたよ。」

解説
最後の駅員の言葉から察するに、電車に身を投げた親子は幽霊だったのではなかろうか?
自殺した霊は、死ぬ直前の行動を永遠に繰り返すという。
この親子も、その無限ループから抜け出せないのかもしれない・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする