意味がわかると怖い話 料金の安い部屋

意味がわかると怖い話 料金の安い部屋

昨年、受験で上京したときのことだ。

俺は、とあるビジネスホテルに泊まった。

その部屋だけ他の部屋よりも、2000円安い部屋を選んだ。

その部屋から友達と電話をしていたのだが、途中、部屋の安さの話題があがった。

友達は何を思ったのか、

「その部屋に絵画はある?」

と聞いてくる。

部屋を見渡してみると、確かにあった。

白人女性が描かれている絵だ。

ふっくらしている中年の人だった。

友達は、

「その絵の裏にお札貼ってない?もしくはお守りとか。」

と聞いてくる。

俺は立ち上がり絵の裏を調べてみた。

すると、確かにお守りが4つも入ってた。

その後、次の日の試験に備えて軽い復習をしていたら、眠くなってしまった。

夜になにが起こったかは、これを読んでいる人を怖がらせないために書くのは止めておく。

俺は、その晩のうちにフロントと話して部屋を代えてもらった。

今年は、部屋代の安いホテルはやめようと思う。

解説
今年もホテルに泊まる予定ということは、この人は受験に落ちてしまったようだ。
考えられる可能性はいろいろあるけれど、もしもホテルに幽霊が出てきてなかったとしたら。。。。
この人は、自分が受験失敗したことを幽霊のせいにしているとも考えられる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする