意味がわかると怖い話 教え子の自殺で変わった教師

意味がわかると怖い話 教え子の自殺で変わった教師

教職の仕事に、私はやりがいを感じている。

この仕事についてから33年。

教師は、人を救える仕事だ。

教師をして10年経ったころ。

人生の大きな転機になる事件が起きた。

教え子が自殺してしまったのだ。

大切な生徒の死。

ありとあらゆる感情が抑えきれないほど、次から次へと溢れてきた。

自分自身の役目を理解したのはこのときだった。

私はこのとき以来、自殺志願者を救うための活動を始めた。

自殺志願者には、過去42人と出会った。

1人1人と言葉を交わして、彼らと気持ちを共有し、心を理解して、強く説得してきた。

だが、7人、救うことができなかった。

心の底から残念だ。

定年退職まで、残すところ後4年。

教師である間は、この活動を続けていこうと思っている。

解説
「救う」の意味が、「自殺を踏みとどまらせること」ではなく、「自殺したい者の後押し」だったとしたら恐ろしくないだろうか?
この文章中に出てくる数字は、「33、10、42、7、4」語呂合わせ的に読むと、「さっさと死になよ」になる。
もしかすると、最初の生徒の自殺をきっかけに、この教師の心は壊れてしまったのかもしれない・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする