意味がわかると怖い話 表札に貼られた見覚えのないシール

意味がわかると怖い話 表札に貼られた見覚えのないシール

ある日。

夕方に、Aさんが自宅アパートに帰宅してみると、おかしなことに気が付いた・・・

小さなシールが自分の部屋の表札に貼られているのだ。

注意していなければ、分からないくらいの小さなシールだった。

自分で貼ったわけではないから、訪ねてきたセールスマンや近所の子供の悪戯だろうと思った。

Aさんは、そのシールをペリッと剥がすと、特に何も考えることなく向かいの部屋の表札に貼りなおした。

それから、数日後。

いつものようにAさんが帰宅してみると、アパートの周りが騒がしかった。

パトカーまで来ている騒ぎだ。

どうやら、向かいの部屋から警察関係者が出入りしているようだった。

騒ぎの中に、同じアパートの親しい人を見つけたので、何があったのかを聞いてみると、Aさんの向かいの部

屋の主婦が、運悪く泥棒と鉢合わせてしまったようだった。

主婦は泥棒に、包丁で刺されてしまい、今病院で危険な状況なのだという。

泥棒は、警察に捕まったのだが

「くそっ!この家は、昼間はいないはずなのにっ!」

という言葉を残したのだという・・・・

解説
これはリアルすぎて、本当に怖い。
実際に、泥棒はチームで動く場合、家の前に小さなシールや目印をつけて、暗号的な会話で「入りやすい家の情報交換」をしているという。
泥棒と鉢合わせすると、非常に危険だというが、この話は防犯意識を高める意味でも重要かもしれない・・・・