想像すると少し気持ち悪い怖い話 人気ラーメン店の秘密

想像すると少し気持ち悪い怪談 人気ラーメン店の秘密

都内、某私鉄線沿いにおいしいと噂のラーメン店があった。

不愛想で頑固な主人が一人で切り盛りしていた店だった。

接客態度はお世辞にも良いとは言えない主人。

でも、味は客を満足させるものだったため、席は常に埋まっていた。

ある日のこと。

主人が病いに倒れてしまった。

病いは、快方に向かうことなく、主人は息絶えてしまった。

ラーメン屋は、一人息子が受け継いだ。

息子は、ラーメンの修行を必死にしたのだが、父のようなセンスはなく、店の人気は下降線。

「あの店は、味が落ちた。」

「先代が美味すぎたからな。」

という良くない評判と共に、日に日に客足は減る一方。

だが、突然に、店の味が昔と同じ(先代の味)に戻ったのだった。

すると、客は増加し出し、以前ような活気ある店内の雰囲気に戻っていった。

同時に、店にはおかしな噂も流れた。

先代の主人が死ぬ間際、息子や弟子達の前で、こう言ったというのだ。

「俺が亡くなったら、俺の骨を使って出汁をとれ!」

解説
もしも、この噂が本当だとすると、怖いのは先代の主人の骨を使っているだけではない。
人の骨を使ったラーメンが先代の味になるのなら、先代の主人も人の骨を使ってラーメンを作っていたということになるのだ。