意味がわかると怖い話 いじめで自殺をした女の子

意味がわかると怖い話 いじめで自殺をした女の子

これは、かわいそうな女の子の話。

彼女は、学校でヒドイいじめを受けていた。

同じクラスの女子に、人目につかないよな場所へと連れて行かれて、周りからバレないようにいじめられていた。

ある日。

彼女は、学校のトイレで自殺した。

両手両足を切断して亡くなったのだ。

直接の死因は、出血多量だったようだ。

遺体のそばには、本人が書いたと思われる遺書が残こっていた。

遺書に書かれていた内容は・・・・

「先立つ不幸を、お許しください。 私は、学校でいじられていますが、自殺のこととは一切関係ありません。」

解説
彼女は、自殺ではなく殺されたのだろう。
自分で両手両足を切り落とすことはできない。
おそらく、遺書の内容から考えて、この殺人もイジメだったのではなかろうか。
つまり、いじめっ子が女の子を脅し遺書を書かせた上で、殺害したのだ・・・・
なんと、恐ろしい話だろう。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする