意味がわかると悲しい話 生き別れの兄弟

意味がわかると悲しい話 生き別れの兄弟

兄がいることは知っていた。

生き別れた双子の兄だ。

当時、あまりに生活が苦しく、生まれたばかりの兄は里子に出されたのだとか。

その兄とは、大学入学が決まった3月に、街でバッタリと出会った。

全く同じ顔だった。

間違えようがない。

兄も、俺の存在を知っていた。

「今日は就活中で忙しいんだ。次の日曜、会えないか?」

と、喫茶店の名を告げると、足早に去っていく兄。

そして、日曜日。

兄の指定する喫茶店に入る。

小さくて古い店内。

5人程座れるカウンターと4人掛のテーブルが2つ。

兄はすでに、手前のテーブルに座っていた。

奥のテーブルには、40代後半と思える男女が一組。

俺「俺、大学行くし車買って貰ったよ。先週は、スキーに行ったんだ。兄ちゃん、就活してるって言ってたけどさ、仕事先、見つかってないんだろ?家に、戻っておいでよ。」

兄は黙っていた。

俺「絶対、そうした方が良いよ。」

兄「・・・・お前にはさ。妹がいるんだよ・・・・」

兄は泣いていた。

兄の涙を見て、俺は全てを悟った。

解説
おそらく、里子に出されたのは兄ではなく「俺」なのだろう。
義理の両親は、「俺」を悲しませまいと、実の両親のふりをしてくれていたのだ。
大学進学に、車購入、スキー旅行と、何不自由なく生活させてもらっているようで、今の「俺」は生活に満足しているようだ。
でも、真実を知った今、どう思うのだろうか?
きっと未だに貧しい本当の家。
兄や、存在を知らなかった妹を見て、「俺」はどんなことを感じるのだろうか・・・・?