意味がわかると怖い話 病院で処方された3つの薬

意味がわかると怖い話 病院で処方された3つの薬

「こちらの座薬は、寝る前。この赤い薬は、食後。この白い薬は、食前に飲んでくださいね。」

医師の丁寧な説明に頷き、私は薬を受け取って、病院を後にする。

帰ってきた私を心配して、玄関まで出迎えてくれた妻に、ただの胃炎だったと説明し、薬を手渡した。

その晩。

ベットの上で、私は尻を丸出しにして、妻に薬を入れてもらった。

妻は、

「あなたを、犯してるみたい。」

と、興奮した様子で、3つの薬を私の中に入れた。

私も興奮してしまい、その晩は大いに盛り上がったのは言うまでもない。

解説
医師が処方した座薬は1つだけ。
残りの2つは、経口摂取(口から飲むタイプ)の薬だ。
おそらく、「私」が興奮したのは、薬がおかしな効き方をしまったせいでもあるのではなかろうか?

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする