意味がわかると怖い話 閉じ込められた理由

意味がわかると怖い話 閉じ込められた理由

どうやら、私は狭い場所に閉じこめられているようだった。

身体は、縛られてない。

脱出できそうにはない。

目の前に小さな窓はあるのだが、脱出できるような大きさではない。

周りには食料も置かれていた。

食料の他にも、様々なものが置いてある。

外からは、人の話し声が聞こえてくる。

大きな声で助けを叫んだが、返事はない。

外は、急に静かになってしまった。

理由は分からないけれど、私は一刻も早く、ここを出なければならないと感じた。

だが、もう手遅れだったのだ。

解説
なぜだか理由は分からないけれど、この「私」は一度仮死状態であったのではなかろうか?
この狭い場所と言うのは棺桶の中で、急に外が静かになったのは火葬が始まってしまったのではないだろうか。
つまり、死んだと思われて葬式をされてしまったわけだ。
生きながら焼かれることを考えると、非常に怖くて残酷な話に思えてしまう・・・・