意味がわかると怖い話 残酷な悪夢

意味がわかると怖い話 残酷な悪夢

夢を、見た。

夢の内容は、右腕を黒服の男に抑えつけられ、腕の根本からノコギリで切られるものだった。

骨に刃が当たるイヤな音が響いている。

抵抗しようと思えばできたのかもしれないが、出来なかった。

不思議なことに、痛みも恐怖は感じなかった、妙にリアリだった。

夢から覚めた後、自分の体を確認して安堵する。

同じような夢を見るのが、今日で4日目。

2日目は左腕。

3日目は右脚を切断される夢だった。

起きてみると、身体に異常はない。

でも、夢の中では着実に手足が減っていく。

その日も夢を見た。

夢の中では、残る四肢は左脚だけになっていた。

そして、左脚の付け根に刃が当てられた。

数分もかからぬうちに、俺はダルマのような姿になってしまった。

脚を切った黒服の男が

「ゴチソウサマ。」

と、言った気がする。

目を覚ますと、いつもの身体だ。

なぜ、あんな夢を見たのだろう

まあいい。

今日はなにしようかな。

特に、なにもすることはないのだけど。

とりあえず、今はトイレに行きたい。

解説
起きた後に、すぐにトイレに行けばいいものを、トイレに行かない(行けない?)ことから、この人にはもともと手足がないという話らしい。
ただ、なぜ手足がないのだろうか?
もしかすると、この夢に起きたことは本当のことで、あまりの恐怖から脳がその記憶を無意識に消していて、夢は本当の記憶を見てしまっているのではなかろうか・・・
と考えると、SFっぽい話になってくるのだが、考えすぎかもしれない(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする