意味がわかると納得する話 化学物質の森林破壊

意味がわかると納得する話 化学物質の森林破壊

それは・・・広大な大地に、力強く根をおろして茂っていた。

ある日のことだった。

化学物質混じりの雨が、降り注いできた。

雨の間中、耐え忍ぶと、やがて雨は大地を流れ去っていく。

しばらくすると、今度は熱く乾燥した風が襲いかかってきた。

じっと耐え忍ぶ。

雨と熱風、これらは規則的な間隔で襲い掛かってきた。

そのたびに、耐え続ける。

酸性雨が降り注ぐ日もあった。

仲間たちは、枯れたような色になってしまった。

少しすると、またしても熱風が襲ってくる。

耐えるしかなかった。

時間の流れというのは、残酷なものだ。

やがて栄養も枯渇してくるようになり、やせ細っていった。

周りの仲間たちもどんどん減ってきた。

生命力は弱くなるのに、雨はそれでも降り注ぐ。

雨と、乾燥した熱波もで、また多くの仲間たちがやられてしまった。

やがて、大地は不毛となっていった。

すると・・・突然。

空からは、命を持たないそれが大量に降りてきたかと思うと、その大地を覆いつくしたのだった。

解説
これは、人間の頭皮のお話。
髪の毛が、植物に例えられているのだが、化学物質交じりの雨と熱風が交互に襲い掛かってくる状況。
言われてみれば、その通り。
最後の、「命を持たないそれ」とは植毛のことだろう。
髪の毛は大事にしたいものである。