意味が分かると怖い話 模様と体型が同じ猫

意味が分かると怖い話 模様と体型が同じ猫

ある日のこと。

近所のおばさんが、家に訪ねてきて頼みごとをされた。

「今日から3日間。夫と旅行に行くのですが、家で飼っている猫の世話をしてもらえないでしょうか?」

どうせ暇だったし、俺は猫が大好きだったということもあり、快く引き受けることにした。

「それでは、3日間。よろしくお願いします!」

おばさんは、そう言うと猫の入った段ボール箱を置いていった。

「よし、今日から3日間。可愛がってやるからな!」

俺は、早速ダンボールを開けてみた。

そこには、猫の死骸が入っていた。

「やば・・・俺、なにかしたのか!?・・・これはまずいことになった・・・」

しばらく悩むと、ペットショップに向かった。

模様の似た猫をペットショップで購入し、すり替えればばれないと思ったのだ。

ペットショップでは、驚くべきことに、この猫と全く同じ模様と体の大きさの、瓜二つの猫がいた。

「これなら、気が付かれないだろう・・・」

俺は、ホッとして肩の力を抜いた。

3日後。。。

旅行から帰ってきたおばさんに猫を返した。

これだけ似ているのだ。

気が付くことはないだろう。

でも、おばさんは、

「ちょっと、これ。うちの猫じゃないわよ!どうなってるの?!」

と激怒しだした。

なぜだ!?

どうして、気付かれてしまったのだ?

模様も同じだし、体型だってほとんど同じなのに。

なぜ、バレてしまったのだろうか・・・

解説
この話は二通りの解釈ができる。
まず一つ。
猫や犬と生活したことがある方は、分かるかと思うが、猫や犬は人間と同じように心があるのだ。
模様や体型だけではなく、性格(心)があり、どんなに似ている子を探しても、飼い主にはすぐにばれてしまう。
ましてや、もしもこのおばさんが、猫のことを我が子のように可愛がっているとすれば、一瞬で「違う猫」だと区別できても不思議ではない。
そして、もう一つ。
最初から、猫の遺体を預けられたという説。
この場合、「うちの猫が死んでしまったじゃないか!」と、因縁をつけ金をせびるつもりだったのかもしれないし、遺体を愛してしまっているのかもしれない・・・・
どちらにしても、後者の説は考えるだけで怖い・・・・

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする