意味がわかると怖い話 愛してるの意味

意味がわかると怖い話 愛してるの意味

新婚初夜。

ベッドの上で、妻は夫に聞く。

「あなた、私のことを愛してる?」

妻の質問に、夫は微笑んで答えた。

「もちろんだ。愛してる。」

その後。

二人の間に、子供ができた。

一人娘が生まれたのだ。

その子の7歳の誕生日。

娘は、父親に聞く。

「パパ、あたしのことを、アイシテル?」

娘の質問に、父親は微笑んで答えた。

「もちろんだ。アイシテルよ。」

娘はさらに質問した。

「ママのことも、アイシテるんでしょ?」

父は答える。

「もちろんだ。ママのことも、愛してるよ。」

「なら、あたしとママ、どっちをたくさんアイシテるの?」

「難しい質問だね。」

父親は少し考えると、また微笑んで答えた。

「たぶん。ママの場合とは、意味が違うんだよ。」

「よく、わかんない。」

「うん。まだ分からなくていいんだよ。さあ、ママにケーキを、お供えしよう。」

・・・・それから、 10年後。

取り調べ室で、若い刑事が男に質問した。

「で?・・・結局、なんであんなことをした?」

男は、しばらくの間、うつむき押し黙った。

そして、ゆっくりと微笑んで口を開いた。

「・・・・意味が、違っていたんです。前と同じように。ただ、それだけです。」

1年後。

男の娘と、短い間交際していた少年が、新しい恋人の少女から質問された。

「あたしのこと、愛してる?」

質問を受けた少年は、青ざめた顔で、返事を返せなかった。

解説
この話は、いくつかの解釈ができるが、トータル的に言えることは、「愛」というのは、それを言う人間によって意味が変わってくるということ。
「愛」を「暴力」だと考えれば、この話はDV的な話になるし、「愛」が恋愛感情で、「アイシテル」が「家族愛」とも捉えることができる。
最も怖い解釈は、「愛」というのは「相手を殺してしまうこと」だと、娘が解釈してしまったとしたら?
最後に出てくる少年が、返事をできないのも頷けるのではなかろうか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする