意味がわかると怖い話 パックの刺身

意味がわかると怖い話 パックの刺身

家で寛(くつろ)いでいたときに、母親からメールが入ってきた。

「冷蔵庫に、お刺身が入ってるから、食べちゃっていいよ!」

俺は外で夕食を食べてきていたので、あまり気乗りはしなかった。

まあでも、腐らせるのも勿体ないから、食べることにした。

冷蔵庫から、刺身のパックを取り出してみると、パックはすでに開けた形跡があり、甘エビがしっぽを残してきれいに食べられていた。

きっと、甘エビ好きの妹のしわざだろうと思い、気にせず残りの刺身を平らげた。

でも、しばらくしてから、俺は気づいてしまったのだ・・・

解説
甘エビのしっぽが、パック内に残されている。
食べた甘エビのしっぽは、普通パックには戻さずにゴミとして捨てるのではなかろうか?
おそらく、「俺」は妹が甘エビを食べたのではないことに気が付いてしまったのだろう。
となると、この家には家族以外の誰かが侵入していて、冷蔵庫を開けお刺身を食べたということになる。
その後の「俺」が心配だ・・・・