意味がわかると怖い話 電車の中のおじさん

意味がわかると怖い話 電車の中のおじさん

電車で、いつの間にかうたた寝をしてしまっていた。

誰かに肩を叩かれて、目を覚ました。

見上げてみると、そこには陰気くさいおっさんがこちらを見ていた。

「つきましたよ」

おっさんは、こちらに向かって言ってきた。

慌てて立ち上がり、ホームへと駆下りた。

扉が閉まった後に、気が付いた。

くそ!

降りる駅ではなかった。

あのおっさんに、からかわれたのか。

後ろを振り返り、走り出した電車に目をやると、おっさんは清々しい様子で背伸びをしながら笑っている、

おっさんのイタズラか。

性質が悪い。

ま、次の電車に乗ろう。

・・・それにしても。

寝違えてしまったのだろうか?

妙に肩が思い・・・

解説
最後の一文。
「妙に肩が思い」と言うのは、本当に寝違えてしまったとも考えられるが。
もしも、電車の中のおっさんの「つきましたよ」が、「着きましたよ」という意味ではなく、「憑きましたよ」という意味だとしたら?
何か得体の知れないモノを、おっさんに憑けられてしまったということになる・・・
つまり、この主人公は呪われてしまったということになるのでは。