意味がわかると怖い話 修学旅行の自由時間

意味がわかると怖い話 修学旅行の自由時間

俺と竹田は今、沼の畔(ほとり)に来ていた。

周りはとても静かだ。

修学旅行に来ているのだが、自由行動になったときに、俺も竹田も班から抜け出してきたのだ。

そのまま適当に歩いていたら、こんなところまで来てしまっていた。

沼の水面を眺めながら、俺は煙草に火をつける。

深く息を吸うと、フ~と煙を吐き出した。

隣りにいる竹田は、青ざめたような顔で俺の持っている煙草をじっと見つめていた。

「ん?なんだ?」

「・・・その煙草さ。」

「?」

「味しないだろ?」

竹田は、真剣な口調だった。

「ええ?」

「味なんて、するわけないよな。だって、お前、煙草吸ったことないだろ。味のイメージなんてできるわけないよな。」

竹田は何を言っているのだろうか。

・・・・そういや、この煙草はいつ購入した物だったか。

なんだか、頭が上手く機能していない。

「そろそろ、戻るか。」

俺は不安になってきて、戻る提案をする。

寒気もしてきた。

「煙草、どうした?」

竹田は俺の言葉を無視して、強い言い方で聞いてくる。

「何言ってんだ?」

「さっきまで、お前吸ってただろ?指先に持ってた煙草は、どこに消えたのか聞いてるんだよ。」

「ああ・・・たぶん、適当に投げたんだろ。竹田、なんか機嫌悪いな。」

「俺は、こんなの認めないからな。ずっと否定派だったんだ。」

「だから、お前、さっきから何言ってんだよ?」

「あそこを見てみろよ。」

竹田は、怒ったように、でも悲しそうに沼を指差していた。

俺は竹田の指さす方に目を凝らす。

水面の下からは、タイヤの表面が見えていた。

解説
「俺」と「竹田」はおそらく、もうこの世にはいないのではないだろうか?
修学旅行の自由時間で班から抜け出した二人は、バスかタクシーで移動しているときに事故に遭ったと思われる。
二人は死んでしまい幽霊と化してしまったけれど、「俺」はその事実に気が付けておらず、「竹田」は気が付きつつあるけれど認めたくない状態のようだ。