意味がわかると怖い話 二人の息子と縄跳び

意味がわかると怖い話 二人の息子と縄跳び

私には、息子が二人いる。

6歳と4歳になる息子だ。

その日は、妻は仕事で出かけていたため、私が息子たちの面倒を見ていた。

家族で昼食をとり、その後は公園に出かけた。

公園には私たち以外誰もいなかった。

私はベンチに座ると、読書を始めた。

縄跳びのリズミカルな音と一緒に下の息子の声が聞こえてくる。

「兄ちゃん、貸して!こっちを、使っていいから!」

おそらく、上の息子が使っている青い縄跳びを使いたいのだろう。

下の息子の使っている縄跳びは、少し小さめの赤い縄跳びだ。

同じ色の物を買ってやれば良かったかな。

兄の声が聞こえないところを見ると、弟を無視して縄跳びを貸す気はないようだった。

すぐに、下の息子が小走りに近づいてきた。

「兄ちゃんが、冷たいよ。」

私は顔をあげた。

喧嘩になってないし、泣いてもない。

それに、弟の手には兄の縄跳びがあった。

私は、言った。

「お兄ちゃん、縄跳びを貸してくれたんだろ?じゃあ、ありがとうとお礼を言って、一緒に遊んでもらいなさい。」

私はまた本に視線を落とした。

弟の足音が遠ざかっていく。

「兄ちゃん、ありがとう。」

弟の声が聞こえ、幼いながらぎこちなく縄跳びを飛ぶ音が聞こえてきた。

解説
お兄ちゃんが冷たい・・・この言葉を、「お兄ちゃんが遊んでくれない」という意味ではなく、文字通りに「兄の身体が冷たい」という意味で考えると。
兄は、死んでいることになる。
いつ死んでしまったのか分からないが、弟が殺したのだろうか?
なぜ?
青い縄跳びを貸してくれなかったからか?
いろいろ謎の多い話だが、弟の無邪気さが不気味に思える話だ。