意味がわかると怖い話 人間嫌いのお爺さん

意味がわかると怖い話 人間嫌いのお爺さん

人間嫌いのお爺さん。

車も通らないような人里離れた山奥で、ひっそりと一人で暮らしていた。

孫のジェシーは、お爺さんの心を解きほぐそうと、毎日のように手紙を出した。

お爺さんのもとへと、手紙が届くようになってから、数ヶ月。

ある日を境に、孫からの手紙が急に手紙が来なくなってしまった。

今となっては、毎日の手紙を楽しみにしていたお爺さんは、心配になってしまう。

久しぶりに山奥から街へと出かけ、孫の家を訪ねてみた。

すると、なんと孫は死んでいたのだ。

何者かに殺されたのだという。

お爺さんはひどく悲しんだ。

犯人は、この手で捕まえたいと誓った。

そして、もう犯人は解っていたのだ。

そう、犯人はあいつしかいない・・・

解説
この話は、犯人が郵便屋さんではないかと、お爺さんが疑っているということらしい。
動機は、毎日山奥まで手紙を配達させられていて、頭に来ていたということのようだが。
お爺さんは、犯人を捕まえたらどうするのだろうか?
仇を取るために、殺してしまうのだろうか?
もしも、そうだとしたら、間違いは許されない。(私刑が良い悪いは別にして)
「犯人はあいつしかいない」というお爺さんの思い込みこそが、この話の一番怖いところではないだろうか・・・・