意味がわかると怖い話 深夜の鏡を覗くと

意味がわかると怖い話 深夜の鏡を覗くと

今は夏休み。

高校も休み期間だ。

とくにやることもなく、最新のゲームを買って、一日ずっとやっていた。

夜中になってもやり続けていた。

24時を跨いで日付が変わる。

さすがに少し疲れて、ゲーム画面はそのままで、少し休憩をはさむ。

時計は、深夜1時50分を指している。

時計を見て、友達から聞いた怪談を思い出す。

「深夜2時に鏡を見ると、そこにはおかしなものが映る」

せっかくだから、試してみることにした。

俺の部屋には、変わったデザインの大きな鏡があるのだ。

この部屋は、もともとが物置だったのだ。

2時ちょうど。

鏡を見てみると、そこには部屋の様子ではなく、暗い森が映し出されていた。

そして、なぜだか自分が横になり目を閉じている姿も見える。

自分は着物をきた3人の女の子に周りを囲まれていた。

一人一人が違う顔。

笑った表情の子、怒った表情の子、無表情の子。

次の瞬間。

3人がこちらを見た。

そこでやっと我に返る。

時計は見ると3時だった。

鏡には、顔面蒼白の自分の姿が映っていた。

解説
文章を読んで、気が付かれたであろうか?
「俺」には、深夜2時~3時までの間、まるまる1時間の記憶がないのだ。
この空白の時間に、いったい何をしていたのだろうか・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする