意味がわかると怖い話 最後の誕生日

意味がわかると怖い話 最後の誕生日

7年前に、婆ちゃんが亡くなった。

婆ちゃんが亡くなってから、最初に迎えた俺の誕生日のときのことだ。

PCをしてりると、後ろになにかしらの気配を感じた。

振り返ってみると何もない。

でも、見えない何かがいるのを感じる。

すぐに、それが婆ちゃんだとわかった。

なにをするわけでもない。

ずっとその場にいてくれた。

今でもあれは、最後の誕生日のお祝いに来てくれたんだと思ってる。

解説
「最後の誕生日」?
これを文字通に考えると、7年前の誕生日後に「俺」は死んでしまったということになる。
でも、「最後に誕生日」だと書こうとしての打ち間違いだとすると、特に深い意味はなく、死んだお婆ちゃんとの再会(?)話ということになる。