意味がわかると怖い話 選べる地獄

意味がわかると怖い話 選べる地獄

鬼が言った。

「今から3つの地獄を見せてやる。その中から自分で1つ選ばせてやる。代わりの人間が来るまでの間、ずっと苦しむことになるのだ。」

1つ目は、針のむしろの上に、男が正座させられている地獄だった。

2つ目は、ぐつぐつと煮えたぎる窯の風呂で、男がもがいている地獄だった。

3つ目は、汚らしい男がとても綺麗な女性にペニスをしゃぶられている地獄だった。

当然のことのように、僕は最後の地獄を選んだ。

そして、絶望した。

解説
美女にペニスを咥えられることが、なぜ地獄になるのだろうか?
「僕」が絶句してしまったことを考えると、2つのことが想像できる。
1つ、美女が歯を立ててくわえている。
これは、やられてみると死ぬほど痛い。
やられてみるとわかるが、注射の百倍くらいの痛みだ。
ただ、地獄と呼べるほどでもないかもしれない。
なので、2つ目の方が説としては濃厚か?
2つ、「僕」は美女と交代することになるということ。
つまり、汚らしい男のペニスを咥えるのは「僕」ということになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする