意味がわかると怖い話 実家の二階の自室

意味がわかると怖い話 実家の二階の自室

ある日のこと。

俺は一人で、部屋で勉強をしていた。

母親は外に出かけていて、夜まで帰ってこない。

でも、夕方に俺の部屋のドアの前に誰かが来てこう言った。

「A(俺の名前)、ドア開けてくれない?」

母の声だった。

もう帰ってきたのか?

でも、面倒なのでこう返事をした。

「やだよ。下にでも行ってろよ。」

「ちょっと開けてくれるだけでいいのよ。」

「めんどくせえな。嫌だって言ってんだろ。」

「・・・・チッ・・・・」

「?」

その直後に携帯が鳴ったので出てみると。

「A?もうすぐ帰るから。」

・・・・え?

解説
最後の電話は、母親からの電話だったようだ。
つまり、今の今まで部屋の前にいたの人は母親ではなかったわけだ。
Aは一体誰と話していたのだろうか?
そして、部屋のドアを開けてしまっていたらどうなっていたのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする