意味がわかると怖い話 一生を過ごす

意味がわかると怖い話 一生を過ごす

僕は産まれてから、ずっとここにいる。

もうどれくらいになるだろう。

思い出してみると、今日でちょうど7年だ。

そろそろ出てもいい頃かもしれない。

耳を澄ますと、他のみんなも動き出しているようだった。

よし、僕も外へ出よう。

僕は外へと、歩き始めた。

こつん・・・

あれ?

おかしいな。

こんなところに壁がある。

耳を澄ますと、壁越しに会話が聞こえてきた。

「ママ~、この道キレイになってるね。」

「そうね、アスファルトになったからね。土の道より歩きやすいね。」

解説
「僕」はセミなのではないだろうか。
土の中で7年過ごした後、外に出ようとしてみると、アスファルトが壁となって出られなくなってしまったのだ。
残り寿命7日。
どう考えてもアスファルトを抜け出すことはできないであろう。
とても不幸なセミである。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする