意味がわかると怖い話 今朝の事故

意味がわかると怖い話 今朝の事故

今朝のこと。

バイトに行く途中で、交通事故の現場に出くわした。

事故はついさっきのことらしく、壁にめり込んでいる車からは、煙が上がっている。

見るからに車は酷い状態だった。

乗っていた人は、かなりヤバいだろうなと、思ってたら声が聞こえた。

よく見ると、窓の部分のひしゃげた部分から、女の人が顔を出してうめいている。

すぐに駆け寄り「大丈夫ですか?」と声を掛けても「痛い・・・痛い・・・助けて・・・」と繰り返している。

意識があるのは不幸中の幸いか・・・俺はすぐに110番すると、到着した警察の質問にいくつか答えるとバイトに向かった。

休憩時間にテレビのニュースで、事故のことを見かけた。

ニュースによれば。

『今日午前、○○町で乗用車が壁に衝突する事故があました。乗車していたのは運転手の女性一名。その女性が死亡しました。女性は大破した車体に挟まれて、首が切断されており、即死したものとみられています。』

解説
即死してしまった女性に話しかけられているというのは、幽霊なのだろうか?
なによりも、気になるのはこの語り手は、その時点では生きていると思われる女性と会話をしているのに、なぜ110番通報しかしていないのだろうか?
本来なら真っ先に119番ではないのか?
考えられるのは2つか?
1つが、語り手は最初から女性がこの世のものではないと、気が付いていた。
2つが、女性を見殺しにした。
女性の「意識」について触れていることから、おそらく2の方が濃厚な気がして、怖くなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする