意味がわかると怖い話 無音

意味がわかると怖い話 無音

ある作家が、スランプに陥ってしまって苦しんでいた。

締め切り間際なのに書けないのだ。

イライラが募っていき、妻の話し声や、子供の歩く音、ちょっとした猫の鳴き声さえもが耳障りに感じ始めた。

その状態は日に日に悪化していき、気がおかしくなりそうになったその作家は、全財産を投げ打って完全無音の部屋を作った。

これで家族が出す生活音はもちろんのこと、その他ほとんどの音は排除できた。

もう、部屋の中にあるのは机と椅子だけだった。

静寂を手に入れたはずの作家だったが、まだ執筆できなかった。

「だめだ。まだうるさい!」

そして、その後。

作家は本当の無音を手に入れることができたのだ。

解説
何も音のない部屋で、作家が「うるさい」と感じたものは、おそらく次の2つではないだろうか?
・自分の呼吸音
・自分の心臓の音
作家は、このどちらの音も消したのだ。
つまり、自殺を図ったということになる・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする