意味がわかると怖い話 妄想の中の白雪姫

意味がわかると怖い話 妄想の中の白雪姫

彼と初めての旅行です。

旅疲れなのか、彼の車で少し眠ってしまったみたい。

優しい彼は、眠っている私に毛布をかけてくれていました。

彼の優しさに甘えて、後部座席で、ニヤけながらもうちょっと眠ったフリをしてよっと。

ウフフフ

どうやら車は、目的地に到着したようです。

それでも眠ったフリを続ける私を、そっと抱き起こして運んでくれる彼。

そこは、素敵な森の中。

木の葉のベッドで、まだまだ眠ったフリの私。

この状況は、王子様を待つ白雪姫みたいです。

さあ、王子様、早くキスをして。

そして、私の周りにはたくさんの動物たちが集まってくる。

解説
この話は、カップルの旅行ではないらしい。
どうやら、語り手である彼女を彼氏が殺して、その遺体を人里離れた森に埋めようとしている話のようだ。
彼女が意識朦朧となりながらもまだ生きているのか、それとも幽霊となってこれらを感じているのか、そのどちらなのかは分からない。
最後の一文「私の周りにはたくさんの動物たちが集まってくる」というのは、メルヘンティックな意味ではなく、肉食系の動物が遺体を食べに集まってきたということなのだろう。
彼氏を信じ続けている彼女が、少し可哀想に思えてくる話だ。