意味がわかると怖い話 ビル工事の事故

意味がわかると怖い話 ビル工事の事故

散歩をしていると、どこからか女性の悲鳴が聞こえてきた。

「キャー!」

驚いて声の聞こえた方向に行ってみると、道路に女性が座り込んでいた。

座り込む女性の前には大きな鉄板のようなものがある。

縦横2メートル、厚さ50センチほどの鉄板だ。

何が起きたのかと、女性に話しかけたが、言葉が出ないようだった。

すぐに作業服を着た人がその場に駆けつけて、事情を話してくれた。

どうやら、ビルの上で工事をしているときに、鉄板を落としてしまったのだとか。

幸い怪我人はなく、女性も驚いて腰が抜けてしまっただけだったらしい。

赤いタイルの上に、真っ黒の鉄板が落ちてきたというのは不気味であった。

散歩も終わり、夕暮れになるころに、その場所をまた通りかかった。

鉄板らしき物は、まだ残っている。

重いのですぐには片づけられないのだろう。

重量があり危険な物だからか、警備員のような人がいた。

先ほどの女性もそばにいたので、話しかけてみた。

「先ほどは、驚かれましたでしょう?」

「ええ。驚きました。悲鳴を聞いたときは、ビックリしました。」

解説
腰を抜かしていた女性は悲鳴をあげた女性ではないようだ。
となると、悲鳴をあげた女性はどこに?
おそらく、鉄板のような鉄の塊の下敷きになっているのではないだろうか?
赤いタイルは血の色だったりして。
ところで、人が潰れるくらい巨大な鉄板が落ちてきたのなら、悲鳴なんかあげている余裕があるのだろうか?
ビルの真下に人がいたら、一瞬であの世行きのはずなのだ。
悲鳴をあげる余裕はないと思われる。
仮に悲鳴をあげたとしても、鉄が落ちたときの衝撃音で、悲鳴はかき消されてしまうのではなかろうか?
いろいろと、謎の多い話でもある。