意味がわかると怖い話 浮気の現場を目撃される

意味がわかると怖い話 浮気の現場を目撃される

ある日彼女の親友が、突然怒鳴りこんできた。

俺が浮気している現場をどこかで見かけたのだというのだ。

でも、全く身に覚えがない。

どう考えてもその親友の見間違いだとしか思えないのだが、

「間違いなく、あなたの(俺の)車だった。」

と言い張る。

車のナンバーなどは覚えてないとのことだけど、目印があるらしい。

あまりにしつこいので、一緒にガレージに見にいく。

で、俺の車を見た瞬間、その親友が言った。

「ごめん。私の勘違いだった。でも、車変えた方が良いよ。」

だって。

あれだけ濡れ衣着せといて、何様じゃボケ~!

解説
この話は、彼女の親友とガレージに車を見に行くと、浮気相手と思われる女がその車にまだ乗っていたという話らしい。
つまり、その親友は「俺」の車の座席に女が乗っているのをどこかで見かけて、「この男は浮気してる」と判断したのだ。
その車に乗った女は、一体誰なのかと言えば、おそらく幽霊なのだろう。
ずっと車に乗り続けていて、特定の人にしか見えないとなると、幽霊と考えるのが自然ではないだろうか。