意味がわかると怖い話 夜道の散歩

意味がわかると怖い話 夜道の散歩

僕の趣味は散歩。

夜の散歩。

今日も歩く。

街灯のない夜道で、外は真っ暗。

ほとんど何も見えない状態だけど、歩きなれた道だし、暗闇にも慣れているので平気だ。

ふと顔をあげてみると、窓から女の子がこちらに顔を覗かせているのが見えた。

明るい部屋からの逆光で、彼女の顔はよく見えない。

僕が軽く手を振った。

すると彼女もかくりと頷いて、手を振り返してくれた。

嬉しくなって、僕の足取りは軽くなった。

少し進んでから、僕はもう一度先ほどの窓を見上げた。

でも、彼女の姿はもう見えなくなっていて、がっかりした。

解説
明るい部屋から真っ暗闇の夜道が、見えるのだろうか?
「彼女もかくりと頷いて」の「かくり」という奇妙さを醸し出す描写や、振り返ってみるといなくなっていたことから、おそらく彼女は幽霊だったのではないだろうか?
幽霊と目が合って、手を振りあったというのは少し不気味な話だ。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする