短くてぞくぞくする怖い話 両親どちらを信じるか

短くてぞくぞくする怖い話 両親どちらを信じるか

学校から帰宅し、家の台所で麦茶を飲んでいた。

そのときに、台所の床下の収納スヘ゜ースに、お母さん死体が押し込まれていることに気が付いてしまった。

一体誰が?

もしかして、お父さんが・・・?

ちょうどその最悪のタイミングで、隣の部屋からお父さんが顔を出した。

「由美・・・お母さんは他に好きな男ができたんだ。お父さんや由美のことを捨てて出て行こうとしていた。だから喧嘩になってしまい、勢い余って殺してしまったんだ。」

お父さんはそういうと泣き出した。

私は、警察に通報する気にはなれなかった。

お父さんがしたことは、仕方のない事故に思えた。

このことは隠し通して、二人で暮らしていこうと思った。

意気消沈しながらも、自分の部屋に戻ると、1枚のメモが落ちていた。

「由美。早く、逃げて。お父さんは 狂っている」

・・・・・・・・・

もしもあなたが由美ちゃんなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?

元ネタは、ホラー漫画界の巨匠である御茶漬海苔さんの「惨劇館」。