意味がわかると怖い話 火災報知器の設置

意味がわかると怖い話 火災報知器の設置

「火災報知機の設置をしますので、○月○日は部屋にいてください。」

大家に、そう言われていた。

だが、その日はどうしても仕事を休めなかった。

「部屋に勝手に入っていいので、設置しておいてください。」

大家にはそう返事をしておいた。

当日。

仕事の最中に、大家から携帯に電話がある。

出てみると、おかしなことを言われた。

「困りますよ。他の部屋の都合もあるんですから。今日はお隣と予定を交換してもらったので、明日お願いしますよ。明日は、チェーンをかけないでくださいね!」

解説
この話は解説不要かもしれないけれど、一応。
出かけた後に、ドアチェーンをかけることはできない。
つまり、語り手が仕事へと出かけた後に、この部屋に入りドアチェーンを閉めた人間がいるということになる。