意味がわかると怖い話 田舎の写真

意味がわかると怖い話 田舎の写真

風景写真が好きな友達が訪ねてきた。

この前の休みに撮ったものらしく、土産と写真を持ってきてくれた。

写真は画素数が高いやつで、A4で緻密な写真だった。

「おお!すげーな、よく撮れてんじゃん。」

「まあな。でもさ、この写真、すごいんだぞ?」

彼が見せてきたのは、どこかの農村風景だった。

大勢の人たちが田植えをやっている。

「・・・?のどかでいい風景だな。今時、機械を使わずに人力なんだな。村人総出で頑張ってるんだね。」

「見るとこが、ちげーんだな。皆、いい笑顔だろ?」

「・・・え??ああ、まあ。みんな、こっちを向いて笑ってるな。記念撮影?」

「んなわけねーよ。俺そのとき、超望遠で山の向こう側から、たまたま村を撮ったんだから。ほら、少し鳥瞰図(ちょうかんず)みたいになってるだろ?」

解説
山の向こう側から、超望遠で撮影したのに、村人たちは皆笑顔でカメラ目線のようだ。
これは明らかに異常である。
仮に、田舎暮らしだから皆、視力が良いのかもしれない。
だとしても、遥か遠くからの撮影に皆一様にカメラ目線なのは、異常な行動である。
心霊写真以上に、不気味な写真と言えるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする