意味がわかると怖い話 眠れぬ夜

意味がわかると怖い話 眠れぬ夜

夜寝ていたのだが、雷の音で目が覚めた。

一度目が覚めたら、次はなかなか寝付けない。

輾転反側(てんてんはんそく:何度も寝返りをうつこと)してると、雷の轟音と共に障子戸向こうに、直径1メートルほどの丸いオレンジ色の発光が浮かび上がり、すぐに消えた。

それが何かよくわからなかったが、雷の光と関係しているのだろうと思い、気にせず目を閉じた。

ようやく眠れて、朝目覚める。

窓を開けようと、障子戸と窓を開けて、雨戸を開けようとして固まった。

解説
夜中に障子に浮かび上がる謎の光。
そのときは雨戸を閉じていたため、外側からの光ではない。
つまり、雷の光ではなかったわけだ。
では、丸い光の正体は?
もしかすると、誰かが室内で懐中電灯をつけたのかもしれない。
この説が正しければ、語り手が眠っていたその部屋には、誰かがいたということになる・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする