意味がわかると怖い話 地元の怖い噂

意味がわかると怖い話 地元の怖い噂

怖い話というわけじゃないが。

うちの地方では、深夜の2時22分22秒に鏡を覗き込むと、自分の死ぬ瞬間が映し出されるという話がある。

そこで俺は、実際に試してみた。

深夜の2時22分22秒、恐る恐る手鏡を覗き込んだ。

でも、何も映っていなかった。

念のため、目を鏡に近付けても、映っているのは後ろの壁だけだった。

やっぱり、怖い噂なんてこんな程度だ。

ビビッて、損した。

解説
手鏡には、覗き込んでいるはずの「俺」の姿が映っていない。
自分の死ぬ姿は映っていなかったが、怪現象は起きてしまったようだ。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする