意味がわかると怖い話 臭い部屋

意味がわかると怖い話 臭い部屋

買い物から帰って、アパートの扉を開けると、多少の違和感に気付いてた。

そのときは深く考えずに、気合い入れて掃除しよう、と思った辺りで腹が鳴る。

時計が見にくかったから、服で拭いたら、もうけっこういい時間だった。

時間の感覚がなくなるというのは、こういうことだな。

とりあえず飯にしようと思ったけど、案の定出しっぱなしだった野菜は腐ってるし、料理をしたくても、流しを片付けないといけないから、面倒だ。

つーか、部屋が臭すぎて生活出来るレベルじゃないし。

金ないけど、久々外食するかな、なんて考えて外に出ようと思ったら、ずっと感じていた違和感の正体に気付いたよ。

靴片付けないと駄目だね。

解説
これは、アパートの一室で人を殺してしまい、現在進行形で遺体処理をしてるという話らしい。
時計が見にくいのは部屋の時計に血が飛び散ったからなのか、もしくは遺体の腕にはめられた血で染まる腕時計を見ようとしていたからなのかの、どちらかだと思われる。
野菜が冷蔵庫に入ってないのは、遺体の一部を腐らせないように保管しているのか?
流しも解体中の遺体で埋まってしまっているということらしい。
この状況なら、部屋に異臭がすごいのも納得できる。
靴に違和感というのは、自分以外の靴があるから違和感を感じているということで、もしかすると部屋にある遺体は異性かもしれない。
仮にこの語り手を男だとすると、男の独り暮らしのアパートに女物の靴が置いてあったら、違和感をあるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする