意味がわかると怖い話 深夜テレビの砂嵐

意味がわかると怖い話 深夜テレビの砂嵐

深夜の時間帯、テレビの放送が終わると、砂嵐と呼ばれるザーッという放送に切り替わる。

これから伝える話は、実話なのだが。

あるとき、地方のテレビ局の人が、砂嵐の時間帯にアダルトビデオを見ていたそうだ。

そして、そのアダルトビデオをうっかり公共の電波に流してしまったことがあった。

もちろん、すぐに数十件のクレーム電話が殺到したのだという。

解説
深夜の砂嵐の時間帯に、流れたアダルト映像。
すぐに、数十件のクレームが殺到したとのことだが・・・砂嵐の映像を数十人もの人が見ていたのかと思うと、怖い・・・・