意味がわかると怖い話 食人鬼の家族

意味がわかると怖い話 食人鬼の家族

ある島に食人族の親子がいた。

食人家族は、父親と母親そして息子の3人だ。

3人で島民はすべて食べ尽くしてまっていた。

ある日のこと。

海岸に若い女性が漂着しているのを、親子が発見した。

息子は喜んで言った。

「パパ、やったね!今日は、この若い女が食べられるね!」

父親は答える。

「いや、今日の食事はママだな。」

解説
父親はママを食べてしまい、若い女を自分の嫁にしようとしているようだ。
とても自己中心的な考えの持ち主のようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする