意味がわかると怖い話 玉突き事故

意味がわかると怖い話 玉突き事故

帰り道に交通事故の現場を目撃した。

トラックが2台、玉突き事故を起こしたらしい。

どちらのトラックの運転手も無事らしく、外に出て話しをしているようだった。

家に帰ってみると、ちょうどテレビのニュースでその事故のことが報道されていた。

「今日、トラック2台と1台のオートバイの玉突き事故がありました。」

解説
オートバイは、トラック2台に挟まれてペシャンコになってしまったようだ。
トラックの運転手が二人とも無事なのは、もしかするとオートバイがクッションになったためかもしれない。