意味がわかると怖い話 新聞配達のバイト

意味がわかると怖い話 新聞配達のバイト

俺は、新聞配達のバイトしている。

バイトで毎日通る道に、古びたマンションがあるんだよ。

ある雨の日のこと。

そのマンションの窓から、ふと視線を感じた。

目をやってみると、黒髪で色白の目がクリっとした女の子が、窓から眺めていた。

「ああ。きっと、今日は雨だから、外で遊べなくて暇なんだろうな。」

そう思った俺は、女の子にニコっと笑いかけて、その日のバイトは終わった。

でも、不思議なことに、次の日もその次の日も、晴れてる日も、その女の子が窓から外を眺めていた。

俺はなんとなく、体が弱い女の子なのかなと思ったが、1つ変なことに気が付いた。

その女の子は、俺が手をふってもビクともしないんだ。

解説
その女の子は人形だったのではないだろうか。
古びたマンションの窓から、人形の女の子が外を見ている姿を想像すると、不気味である。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする