意味がわかると怖い話 デパートのトイレ

意味がわかると怖い話 デパートのトイレ

この前、買い物中に突然の腹痛に襲われたんだ。

すぐにデパートのトイレに駆け込んだ。

そしたら、トイレの個室をノックしてドア開けるような音が聞こえてさ。

端から順番に、個室内を確認してるみたいな感じなんだよ。

俺は、一番奥の個室にいて。

音はすぐ隣の個室まで調べ終わったようでさ。

巡回の警備員かな?、と思ってたんだけど、トイレ中に巡回されるのはなんだか恥ずかしいな、なんて思いながら、ノックされるの待ってたんだ。

でも、一向にドアはノックされない。

あれなんでだ?っと思ったら、急にトイレが薄暗くなって。

ん?俺が中にいるのを気づいてもらえずに、電気消されたか?と思った。

とりあえず、出すもん出して個室から出てみたら、電気なんて消えてなかったんだよね。

さすがに怖くなってしまい、手も洗わずに走って逃げたんだけど。

俺、もうデパートのトイレ入れないわ。

解説
トイレ扉のノックが「俺」の個室の前でぴたりと止み、代わりに個室内が暗くなった、ということは・・・・
誰かが、「俺」がいる個室を上から覗いていたのではないだろうか?
覗いている人物が光を遮る形になれば、薄暗くなるのも頷ける。
そして、この話の一番怖い部分は、語り手が男である部分であるように思える。
というのも、もしも語り手が女なら、トイレを覗かれる意味が理解できる。
例外はあるかもしれないが、多くの場合、男のトイレを覗くというのは性的な意味ではないように思える。
性的な意味ではないとすると、トイレを覗く意味がわからなくなる。
はっきりと目的が分からないことをされるのは、非常に不気味だと感じてしまう。