意味がわかると怖い話 修学旅行で深夜のトイレ

意味がわかると怖い話 修学旅行で深夜のトイレ

修学旅行中のこと。

深夜の2時に、急にトイレに行きたくなってしまった。

友達を起こしても、怒られるだけで相手にしてもらえない。

先生だって、さすがに寝ているだろう。

ドアを開けてみると、真っ暗だ。

電気をつけ、真っ暗なトイレの電気もつける。

入り口から一番近い場所で用を足していた。

すると、真後ろから大を済ませたであろう何者かがトイレから出ていった。

動きが早くて、振り返らなかったが

「ウンコは恥ずかしいんだな」

と思い和んでしまった。

解説
トイレから出ていったその人物。
深夜の2時に真っ暗だったトイレ内で、一体何をしていたのだろうか?
語り手が思った通り、トイレで大をしていた可能性もあるが、その場合なぜ電気をつけなかったのかが分からない。
もしかすると、人に見つかりたくない犯罪的な何かをしていたのだろうか?
また、出ていった人物は人間ではなかった可能性もあるように思える。